ご利用方法

気象データ提供までの流れ

STEP1データサンプル・仕様書の確認

気象データのサンプル・仕様書を無料でダウンロードしてご確認いただけます。

※サンプル・仕様書の確認にはユーザー登録(無料)が必要です。

ユーザー登録はこちら

STEP2有料サービス登録

有料サービス登録には、利用規約をご確認の上、利用申込書をご提出ください。
登録完了後、配信設定管理画面から気象データの配信設定が可能となります。

有料サービス登録はこちら

  • ※有料サービス登録完了までには2~3営業日程度のお時間を頂きます。
  • ※登録完了はメールでお知らせします。

STEP3データ配信設定

有料サービスへのご登録が完了すると「配信設定管理画面」から配信設定が可能になります。
必要なデータや配信方法を設定していただくとすぐに配信が開始されます。

配信方法の選択
設定追加の選択
データ選択
配信設定
(リアルタイムデータ)
配信設定
(過去データ)
配信設定完了

管理画面左側のメニューから、ご希望の配信方法をを選択します。

(リアルタイムデータの場合のみ)「設定を追加する」を選択します。

リストから気象データを選択します。キーワード等で絞り込むことも可能です。

リアルタイムデータの場合、PUSH・GETの選択、PUSHの場合は配信先情報(IP等)を入力します。

過去データの場合、データの期間を設定します。(※データによっては設定不要です)

入力内容、料金を確認して、設定完了となります。
設定頂いた時点で料金が発生し、設定後のキャンセルはできませんのでご注意ください。リアルタイム配信の場合は設定を削除するまで課金が継続されます。

STEP4受信確認

データが受信できること、ファイルが揃っていることをご確認ください。

リアルタイム配信(PUSH)

配信時刻になるとお客様のサーバーに当社からデータを送信します。
防災情報等のデータは情報発表がないと配信されませんのでご注意ください。

リアルタイム配信(GET)

配信設定時にお知らせするURLからその時点での最新ファイルをダウンロードすることができます。
ただしアクセス可能回数には上限があるため、アクセス頻度にはご注意ください。

過去データ

ご注文いただいたデータを管理画面からダウンロードすることができます。
データをご用意する際、ファイル数や容量等によりお時間がかかる場合がございます。ダウンロード可能になりましたらメールでお知らせします。

データ提供の方法について

リアルタイム配信(FTP-PUSH/HTTP-GET)

FTP-PUSH

FTPでお客様側サーバーへデータを送信します。データ受信用のFTPサーバー(必要な設定はこちら)をご用意ください。

HTTP-GET

配信設定時に発行されるAPIキーを利用して、コマンドライン(linuxの場合はcurlコマンド)でデータを取得いただきます。

過去データ配信

ご注文いただいたデータを圧縮したzipファイル(複数になる場合があります)を管理画面からダウンロードいただきます。

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 気象データ提供サービス
  3. ご利用方法