気象データ詳細

前へ 次へ データ一覧

気象庁データ

土壌雨量指数

降水が土壌中にどれだけ貯まっているかを数値化したデータです。※本データに含まれる5kmメッシュデータは近いうちに配信終了が予定されています。リアルタイム配信では1kmメッシュデータ(高頻度化された土壌雨量指数)の方をご利用ください。

内容 土壌雨量指数
種別 防災情報
防災情報要素 土砂災害, 大雨
解像度 0.008333度×0.0125度
予報時間等 実況(解析時刻)
1~6時間予報、1時間間隔
更新頻度 10分毎
配信時刻 解析時刻から10分後
データ形式 GRIB2
提供方法 FTP-PUSH, HTTP-GET, 過去データ
過去データ期間 2015年9月1日~

関連気象データ

テキスト変換済み気象庁データ

TEXT-土壌雨量指数

土壌雨量指数のテキスト変換済みデータです。※本データに含まれる5kmメッシュデータは近いうちに配信終了が予定されています。1kmメッシュデータ(高頻度化された土壌雨量指数)の方をご利用ください。

気象庁データ

速報版解析雨量・速報版降水短時間予報

従来30分間隔だった解析雨量・降水短時間予報の速報版(10分間隔)です。算出処理の制限のため、従来の解析雨量・降水短時間予報の方が雨量の精度は良いです。防災上、速報性の高い利用用途に向きます。

気象庁データ

大雨危険度通知VPRN50

土砂災害、浸水害、洪水の危険度分布(キキクル)について、二次細分などの地域単位での危険度と変化状況を、10分毎に判定したデータです。※気象庁からは2019年7月10日13時00分初期値のデータより提供開始になっています。

気象庁データ

高解像度化した大雨警報(土砂災害)の危険度分布(土砂災害警戒判定メッシュ情報)

土砂災害発生の危険度を1kmメッシュ毎に5段階に判定したデータ(土砂キキクル)です。

気象庁データ

警報危険度分布

浸水害及び洪水害発生の危険度が高まっている領域を示す、大雨警報(浸水害)の危険度分布(浸水キキクル)、洪水警報の危険度分布(洪水キキクル)、及びそれらを統合した危険度分布です。気象庁からは2017年7月4日13時より提供開始になっています。

気象庁データ

土砂災害警戒情報VXWW50

大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、市町村長の避難指示や住民の自主避難の判断を支援するよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、都道府県と気象庁が共同で発表する情報です。

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 気象データ一覧
  3. 土壌雨量指数