活用提案

一覧へもどる

その他

case1

手軽なデータ利用とコスト削減

課題

気象データの配信は迅速でなくてよいから、使いたい時に手軽に取得したい

天気予報や観測、防災情報などの各種気象情報は、迅速に利用者に伝えるために、配信は少しの遅延もなるべく小さくしたいですが、データの種類や用途によっては、さほど迅速性を必要としない場合もあります。
例えば、システム等の開発過程の場合、運用開始までデータ受信を止めておきたいかもしれません。また、技術的検証のためにある期間のデータだけ必要かもしれません。
マーケティングのデータ分析に気象データを使うなら、データ受信を1分1秒も早くする必要もないことが多いでしょう。

解決策

必要なときに必要なだけデータ利用、コスト削減

お天気データサイエンスなら、管理画面でリアルタイム配信を自由に開始・停止することができます。また、必要な期間を入力するだけで、過去データを取得することができます。
気象庁の気象データを最も確実に迅速にデータ受信するには(一財)気象業務支援センターからデータ受信するのが良いですが、お天気データサイエンスでも気象庁の気象データを扱っています。また、独特なフォーマットである気象庁データをテキスト変換したデータもあります。お天気データサイエンスをご利用頂く方が、コスト削減やデータ利用のハードルを下げることができます。

  • 気象データの活用方法に関するご質問・ご相談はこちら

    TEL:06-6567-2222

    受付時間:9:00〜17:30(平日)

  • お問い合わせフォーム

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 活用提案