活用提案

一覧へもどる

課題

登山者向け予報に必要な情報

標高の高い山の登山、特に雪山については、天気予報を確認して臨むことは基本です。また、気象に関する知識と準備だけでなく、必要な装備とトレーニング、経験を積むことも重要です。一方で、たとえ標高の低い山でも、登山者は気象に関する基本的な知識をもって、装備や危険(実施可否等)の判断を行うことは事故防止につながります。
普段身近で確認できる多くの天気予報(一般向けの予報)は、気象業務法の制限から、標高の高い場所の予報は発表されていません。それは、山岳地形によって複雑な気流が発生して予報が非常に難しいため、予測データに含まれる誤差を理解できる専門的な知識が必要だからです。登山者向けの予報(特定向けの予報:会員向けサービス等)としては、各データの特徴をエンドユーザーにも理解できるように情報提供する必要があります。

解決策

登山者向けの予報で意識しておくべきデータの特徴

登山者向けの予報で意識しておくべきデータの特徴をいくつか例示します。
数値予報モデルGPVの上空のデータ(気圧面データ)で高度別の風や気温の予測値が得られます。数値予報モデルの解像度は粗い場合が多いので、実際の風よりも滑らかで緩やかな風が出ると考えられます。数値予報モデルで表現できる標高も低いことが多いので、実際の気温より高く出ることがあります。
気象レーダー等で雨雲の位置を捉えることができます。山岳地域では、レーダーから遠く離れていたり、山に遮蔽されて、エコーが映らない場合もあります。また、気流が複雑なため、急激に雲が発達することがあるため、レーダーの時間分解能ではとらえられないこともあります。
強い雨が降るかどうかは降水量や雷の予報が参考になりますが、実際の現象の発生は位置がずれることがあるので、格子点データで周囲の状況も確認することが望ましいです。
これらは概念的な説明ですので、詳細は各データの技術資料等をご確認ください。

  • 気象データの活用方法に関するご質問・ご相談はこちら

    TEL:06-6567-2222

    受付時間:9:00〜17:30(平日)

  • お問い合わせフォーム

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 活用提案