OTENKI Data Science

TechBlog

K.Sakurai

虹の架け橋

先日、お天気データサイエンスの有料サービスを開始した日、まるでその門出を祝うかのように(勝手に私が感じているだけですが。笑)、虹がかかっていました。

 

(写真は補正をかけています)

 

この日は、冬型の気圧配置で、北西から雨雲が流れてきて、ちょうど太陽の陽があたったときに虹が見られました。

 

偶然でしたが、自然現象と人間社会の架け橋となりたい、というお天気データサイエンスのコンセプトにピッタリで、印象的な虹になりました。

 

虹は、見つけることができると幸せな気持ちになりますね。虹を見るには、雨と太陽の位置関係が重要ですが、コツをつかめば意外にすぐに見つけることができます。

 
  • 虹を見るコツ
    • 太陽の高さが水平線から42度より低い。
    • 太陽を背にして、前方に雨域を見る。
 
 

関連気象データ

虹予報

この記事を書いた人

K.Sakurai

気象予報士/技術士(応用理学)/防災士 
総合気象数値計算システムSACRA、データ提供システムCOSMOS及びお天気データサイエンスの開発を一から携わる。
WRF-5kmモデル、虹予報、1㎞メッシュ雨雪判別予測データを開発。
趣味はバドミントンと登山。バドミントンのシャトルは気温と湿度で最適な号数を選びたいと常々思っている。登山は、関西地方の低山でトレーニングしながら、年に1回くらいは高山に挑戦。

前の記事へ 気象データに寄り添えるサービスを目指して
記事一覧へ
次の記事へ 天気予報の変化
  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 技術情報
  3. 技術ブログ