サポートQ&A

利用方法について

Q.ユーザー登録で何ができるようになりますか?

A.ユーザー登録」いただくと各データの料金をご確認いただけます。
また、仕様書とサンプルをダウンロード可能になります。これらのダウンロードは、ログインした状態で、「気象データ一覧」から各データの詳細ページへお進みいただき、ダウンロードボタンをクリックしてください。
ユーザー登録は無料です。

Q.有料サービス登録で何ができるようになりますか?

A.有料サービス登録」いただくと、管理画面にて気象データの配信を設定いただけるようになります。

Q.PUSHタイプのリアルタイム配信を利用するためには、どのようなシステムが必要ですか?

A.PUSHタイプのリアルタイム配信では、インターネット回線を利用して、FTPパッシブモードでファイルを送信します。ファイルをアップロード可能なFTPサーバーをご用意いただき、お天気データサイエンスのデータ送信サーバー(IPアドレスは管理画面のヘルプページで確認いただけます)からのアクセスを可能にしてください。また、アップロード時のログインに使用するユーザーIDとパスワードをご用意ください。なお、一度送信したファイルの削除は行いませんので、必要に応じて定期的な削除等をご設定ください。

Q.PUSHタイプのリアルタイム配信の接続テストは可能ですか?

A.配信を設定いただいた後に可能になります。管理画面にて「試験配信」を実行いただくと、設定済の送信先に対して0バイトの空ファイルを送信します。これにより、配信間隔の長いデータや、不定期に配信されるデータについて、実際に配信されるタイミングを待つことなく受信の可否を確認することができます。ただし、配信を設定した時点から利用料金が発生しますのでご注意ください。接続テストから運用開始まで間が空く場合は、配信設定をいったん削除いただくと、利用料金を抑えられる可能性があります。利用料金については「料金」ページをご確認ください。

Q.PUSHタイプのリアルタイム配信を一時停止することができますか?

A.管理画面で配信状態を「メンテナンス」に設定すると配信が停止します。再開する際は「アクティブ」に設定してください。

Q.リアルタイム配信を受信するためには静的なグローバルIPが必要ですか?

A.PUSHタイプでは必要となります。GETタイプでは不要です。

Q.GETタイプのリアルタイム配信では同じデータを何回取得できますか?

A.同じデータを何度も取得することや同時に複数のマシンからアクセスすることはご遠慮ください。ダウンロード失敗のためにリトライいただくことは問題ありません。

Q.取得したデータを加工・二次配信してよいですか?

A.一部制限がございます。
お客様による気象データの加工(分析・解析等による元の値を利用した方法)は自己責任でお願い致します。国内で予報や観測データを第三者に公開する場合は気象業務法に従っていただきますようご注意ください。
二次配信(気象データを加工せずそのままの形で第三者に提供(データ配信)すること)は禁止させていただきます。お客様の業務・サービス等でご利用(組み込み、表示、分析・解析、加工等)ください。一般(不特定多数)への公開を行う場合は「一般利用者保護策ガイドライン」をご理解いただきますようお願い致します。

Q.天気予報を表示する場合は気象庁の予報業務許可が必要ですか?

A.表示する予報(現象の予想)を、お客様が独自に、日本国内で業務として行う場合、気象業務法の定めにより気象庁の予報業務許可が必要となります。予報業務許可についての詳細は気象庁にお問い合わせください。取得いただいた天気予報等のデータをそのままの形(値や文章等を変えない)でご利用になる場合は予報業務許可は不要です。ただし、データ提供元や情報発表元を表記することが望ましいでしょう。

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 技術情報
  3. サポートQ&A