気象データ詳細

前へ 次へ データ一覧

気象庁データ

MSM視程ガイダンス(格子形式)

気象庁メソ数値予報モデルMSMから作成された視程ガイダンスです。データは、格子内の水平視程の最小値についての予測資料です。視程障害現象について今後の見通しを把握する際の参考としてご利用頂けます。 2023年6月頃、既存ファイルの運用終了に伴い、提供を終了する予定です。以降は、MSMガイダンス(格子形式)に追加になるファイルをご利用ください。

内容 MSM視程ガイダンス(格子形式)
種別 数値予報
気象要素 視程
解像度 0.05度×0.0625度
予報時間等 3~51時間予報(00, 12UTC)
3~39時間予報(03, 06, 09, 15, 18, 21UTC)
3時間間隔
更新頻度 3時間毎(1日8回)
配信時刻 初期時刻から約2時間半後
データ形式 GRIB2
提供方法 FTP-PUSH, HTTP-GET, 過去データ
過去データ期間 2020年4月1日~
リアルタイム配信
利用料金(税抜)
料金を表示するにはユーザー登録(無料)が必要です。
登録済みの方はログインしてください。
過去データ料金
(税抜)
料金を表示するにはユーザー登録(無料)が必要です。
登録済みの方はログインしてください。

関連気象データ

気象庁データ

GSM視程ガイダンス(格子形式)

気象庁全球数値予報モデルGSMから作成された視程ガイダンスです。データは、格子内の水平視程の最小値についての予測資料です。視程障害現象について今後の見通しを把握する際の参考としてご利用頂けます。

気象庁データ

MSMガイダンス(格子形式)

メソ数値予報モデル(MSM)から作成された格子形式ガイダンスです。 2019年3月5日12UTC初期値のデータから初期時刻00,12UTCのみ51時間先まで予報時間が延長されています。2019年11月18日より最大降水量、降雪量の提供を開始しました。2022年6月頃、初期時刻00,12UTCのみ78時間先まで予報時間延長が予定されています。

気象庁データ

MSM-GPV

メソ数値予報モデル(MSM)の出力データです。 2013年5月29日から、予報時間が最長33時間から39時間に延長されています。 2017年12月5日から、日射量要素が追加されています。 2019年3月5日12UTC初期値のデータから、00,12UTC初期値のみ、予報時間が51時間先までに延長されています。 2022年6月頃、00,12UTC初期値のみ、予報時間が78時間先までの延長が予定されています。

気象庁データ

地方海上警報VPCU51

気象庁発表の地方海上警報

気象庁データ

全般海上警報(定時)(H29)VPZU52

気象庁発表の全般海上警報(定時)

気象庁データ

全般海上警報(臨時)(H29)VPZU53

気象庁発表の全般海上警報(臨時)。

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 気象データ一覧
  3. MSM視程ガイダンス(格子形式)