気象データ一覧

Data List

気象庁データ、テキスト変換済み気象庁データ、プレミアム気象データの
3種類の気象データを提供しております。

表示切り替え

250の気象データを表示しています。

(絞り込み条件:なし)

検索条件を絞り込む

注目

プレミアム気象データ

ECMWF-HRES(日本域0.1度×0.1度)

ヨーロッパ中期予報センター(European Centre for Medium-Range Weather Forecast:ECMWF)が提供する、高分解能10日間大気予測モデル(HRES)の出力データです。 ECMWFの気象データ保存検索システム(ECMWF's Meteorological Archival and Retrieval System:MARS)から日本周辺域のデータを取得し、GRIB2形式に変換した過去データを提供します。 ※過去データ期間は今後拡大を検討します。

注目

気象庁データ

GSM-GPV(日本域0.2度×0.25度)再現データ(試験配信用)

2024年9月頃運用終了予定の気象庁全球数値予報モデルGPVの日本域0.2度×0.25度のGRIB2形式ファイルを再現したデータの試験配信です。 試験配信は気象庁の運用終了までとし、以降は現在配信中のGSM-GPV(日本域0.2度×0.25度)で配信を継続します。 詳しくはお知らせやブログをご参照ください。 試験配信は予告なく停止・中断することがあります。システムの動作確認のみにご利用ください。

注目

テキスト変換済み気象庁データ

TEXT-高解像度降水ナウキャスト(40km四方領域)

高解像度化した気象庁の気象レーダーや国土交通省のXバンドMPレーダーネットワークの観測データを利用した降水強度及び予測のデータである、高解像度降水ナウキャストのテキスト変換済みデータです。 250mメッシュの予測が提供される陸上と沿岸部に範囲を絞り、全国分を約600の小領域(約40km四方)別のファイルに分割して提供します。提供方法はリアルタイム配信(HTTP-GET)のみで、1つの配信設定につき、最大で9つの小領域まで取得可能です。

プレミアム気象データ

MSM気温ガイダンス(格子形式)

MSM-GPVおよびMSMガイダンス(地点形式)を用いて作成した、5kmメッシュ毎の地上気温の予測データです。 MSM-GPVより高精度な気温の予測値を、MSMガイダンス(地点形式)とは異なり、メッシュデータとしてご利用いただけます。 MSMガイダンス(格子形式)には気温の要素が無いため、独自に作成しました。 本データは「数値予測データ」です。取り扱い方法については、仕様書およびプレミアム気象データに関する重要事項をご確認ください。

プレミアム気象データ

1kmメッシュ暑さ指数

1kmメッシュで推定した暑さ指数(WBGT: Wet Bulb Globe Temperature)です。 リアルタイム配信の期間は4月~10月です。配信期間外ではリアルタイム配信のデータ利用料は発生しません。 ブログ記事の解説もご参照ください。

テキスト変換済み気象庁データ

TEXT-潮位観測報ISTC81-82

潮位観測報ISTC81-82のテキスト変換済みデータです。気象庁の全国潮位観測データで、速報的な品質管理を行い、波浪等の周期が短い成分を除いているため、潮位実況報ISTC61-62と比べて高潮の防災上の利用により適しています。

気象庁データ

特別警報報知VPNO50

気象庁発表の特別警報報知。特別警報の発表の有無のみを覚知したい方向けに、特別警報の発表・継続・解除時のみに配信される報知に特化した電文です。

気象庁データ

高解像度降水ナウキャスト+線状降水帯の雨域

高解像度降水ナウキャストと線状降水帯の雨域(シェープファイル形式)の両方をリアルタイム配信します。過去データは個別のデータをご利用ください。

気象庁データ

250mメッシュ推計震度分布図IXAC41

気象庁発表の250mメッシュの推計震度分布図。実際に観測された震度等を基に、震度計のない場所での震度を推計し、震度の面的な広がりを表現したものです。最大震度5弱以上を観測する地震が発生した場合に、地震発生から概ね15分後に配信されます。

気象庁データ

線状降水帯の雨域(シェープファイル形式)

線状降水帯の雨域の大まかな位置を楕円で表示するためのデータです。雨雲にレイヤーすることで、どの雨域が顕著な大雨に関する気象情報の発表基準を満たすかを分かりやすく伝えることができます。 過去データは線状降水帯の雨域がある場合のファイルのみ提供します。

気象庁データ

2週間・1か月アンサンブル数値予報モデルGPV(日本域0.5625度、51・25メンバー)

2週間・1か月アンサンブル数値予報モデルGPV(日本域)の出力データです。 過去データのみの提供です(お知らせ)。より新しいデータはこちらです。

気象庁データ

週間アンサンブル数値予報モデルGPV(全球域1.25度、日本域0.5625度、51メンバー)

週間アンサンブル数値情報モデルの出力データです。台風アンサンブル数値予報モデルGPVも含まれます(条件を満たした時)。 過去データのみの提供です(お知らせ)。より新しいデータはこちらです。

テキスト変換済み気象庁データ

TEXT-LFM-GPV地上面データ

防災気象情報作成支援や航空予報支援を目的に、日本全域を対象とする領域をメソ数値予報モデルよりも細かい格子間隔(2km)で、未来の気温、風、水蒸気量、日射量等の状態について、スーパーコンピュータを用いて3次元の格子で予測した、局地数値予報モデルGPV(LFM-GPV)の地上面のテキスト変換済みデータです。 2024年3月5日00UTC初期値の資料から、予報時間が延長(00,03,06,09,12,15,18,21UTC初期値のみ、10時間先→18時間先)されました(関連お知らせ)。

絞り込み検索

検索語句

種別

含まれる情報

分類

その他の条件設定

分布

データ提供方法

データ形式

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 気象データ一覧