活用提案

一覧へもどる

天気予報

case8

連動型広告やダイナミック・プライシング

課題

気象条件で需要を喚起したい

観光業では、気象状況は来客数等に非常に大きな影響を及ぼします。テーマパーク、ホテル、温泉宿等の施設で、天気や気温を条件にして広告を出したり、料金を割引くクーポンを発行して、来客を喚起するようなことはできないでしょうか。

解決策

人の行動と結びつく気象データを選択する

連動型広告やダイナミック・プライシングは、人の行動と結びつく気象データを選択して実施すると効果的と考えられます。
例えば、雨が降ると来客数が少なくなるテーマパーク等では、週間天気予報で雨の予報日や降水確率が高い予報日に割引クーポンを発行したり、逆に晴れの予報日には広告を出したりすることで来客数の増加を期待できるかもしれません。週間天気予報では晴れだったのに、直前の天気予報では雨の予報に変わってしまった時のキャッシュバックキャンペーンも検討することができます。また、実際に雨が降ったかどうかの「確定」条件でクーポンを発行することも考えられます。指定した場所や地域において、解析雨量で一定の降水量があった場合や、推計気象分布で天気が雨だった場合など、様々なデータが活用できます。

関連気象データ

気象庁データ

府県週間天気予報VPFW50

都道府県ごとの気象台が発表する週間天気予報。

気象庁データ

府県天気予報/地域時系列予報VPFD50

気象庁発表の天気予報。府県天気予報は、「府県予報区」を地域ごとに細分した「一次細分区域」単位で、毎日5時、11時、17時に発表されます。また、天気が急変したときには随時修正して発表されます。発表内容は、今日・明日・明後日の天気と風と波、明日までの6時間ごとの降水確率と最高・最低気温の予想です。地域時系列予報は、「府県予報区」を地域ごとに細分した「一次細分区域」単位で、24時間先(17時発表は30時間先)までの天気、風向風速、気温が発表されます。<br> ※2022年頃に配信終了が予定されています。新規には「府県天気予報/地域時系列予報(R1)」をご利用ください。

気象庁データ

解析雨量・降水短時間予報・降水15時間予報

解析雨量は毎正時00分と30分の実況雨量解析値、降水短時間予報は毎正時00分と30分を初期時刻とする6時間先までの1時間毎の雨量予測値、降水15時間予報は毎正時00分を初期時刻とする7時間先から15時間先までの1時間毎の雨量予測値です。

気象庁データ

推計気象分布

アメダスや気象衛星の観測データ等をもとに、約1㎞メッシュの天気等の分布を推計したデータです。

  • 気象データの活用方法に関するご質問・ご相談はこちら

    TEL:06-6567-2222

    受付時間:9:00〜17:30(平日)

  • お問い合わせフォーム

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 活用提案