気象データ詳細

前へ 次へ データ一覧

気象庁データ

地方気象情報VPCJ50

気象庁発表の地方気象情報。
この情報の一つとして、令和3年6月17日より「線状降水帯」をキーワードに用いた「顕著な大雨に関する情報」の運用が開始されました。
令和4年6月1日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合に、半日程度前から地方予報区単位等で線状降水帯の可能性が呼び掛けられるようになりました。
令和5年5月25日より、線状の降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いている状況の解説情報について、これまでより最大30分程度早く発表されるようになりました。
令和6年5月28日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合の半日程度前からの呼び掛けについて、府県単位を基本に対象地域を絞り込んで呼び掛けられるようになります。

内容 地方気象情報
種別 防災情報
防災情報要素 台風, 土砂災害, 大雨, 大雪, 天気予報, 強風, 暴風, 暴風雪, 洪水, 浸水害
データ形式 XML
提供方法 FTP-PUSH, HTTP-GET, 過去データ
過去データ期間 2015年~
リアルタイム配信
利用料金(税抜)
料金を表示するにはユーザー登録(無料)が必要です。
登録済みの方はログインしてください。
過去データ料金
(税抜)
料金を表示するにはユーザー登録(無料)が必要です。
登録済みの方はログインしてください。

関連気象データ

気象庁データ

全般気象情報VPZJ50

気象庁発表の全般気象情報。 この情報の一つとして、令和3年6月17日より「線状降水帯」をキーワードに用いた「顕著な大雨に関する情報」の運用が開始されました。 令和4年6月1日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合に、半日程度前から地方予報区単位等で線状降水帯の可能性が呼び掛けられるようになりました。 令和5年5月25日より、線状の降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いている状況の解説情報について、これまでより最大30分程度早く発表されるようになりました。 令和6年5月28日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合の半日程度前からの呼び掛けについて、府県単位を基本に対象地域を絞り込んで呼び掛けられるようになります。

気象庁データ

府県気象情報VPFJ50

気象庁発表の府県気象情報。 この情報の一つとして、令和3年6月17日より「線状降水帯」をキーワードに用いた「顕著な大雨に関する情報」の運用が開始されました。 令和4年6月1日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合に、半日程度前から地方予報区単位等で線状降水帯の可能性が呼び掛けられるようになりました。 令和5年5月25日より、線状の降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いている状況の解説情報について、これまでより最大30分程度早く発表されるようになりました。 令和6年5月28日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合の半日程度前からの呼び掛けについて、府県単位を基本に対象地域を絞り込んで呼び掛けられるようになります。

気象庁データ

全般気象情報(社会的に影響の大きい天候に関する情報)VPZI50

気象庁発表の全般気象情報。長雨や少雨、低温など、平年から大きくかけ離れた気象状況が数日間以上続き、社会的に大きな影響が予想されるときなどに発表されます。

気象庁データ

地方気象情報(社会的に影響の大きい天候に関する情報)VPCI50

気象庁発表の地方気象情報。長雨や少雨、低温など、平年から大きくかけ離れた気象状況が数日間以上続き、社会的に大きな影響が予想されるときなどに発表されます。梅雨入り・梅雨明けの情報も含まれます。

気象庁データ

府県気象情報(社会的に影響の大きい天候に関する情報)VPFI50

気象庁発表の府県気象情報。長雨や少雨、低温など、平年から大きくかけ離れた気象状況が数日間以上続き、社会的に大きな影響が予想されるときなどに発表されます。 2024年3月18日に気象庁の運用は終了しており、過去データのみ提供しています。

気象庁データ

全般スモッグ気象情報VPZS50

気象庁発表の全般スモッグ気象情報。全国を対象として、気象状況からみて当日及び翌日の光化学スモッグの発生のしやすさを地方予報区単位でお知らせする気象情報です。

気象庁データ

スモッグ気象情報VPSG50

気象庁発表のスモッグ気象情報。地方又は府県を対象として、気象状況からみて二酸化硫黄及び光化学スモッグの発生しやすさ(大気汚染気象ポテンシャル)を府県予報区又は一次細分区域単位でお知らせする気象情報です。

気象庁データ

図形式気象情報

図やグラフなどで警戒事項等を簡潔に示した形式の気象情報です。全般気象情報、地方気象情報、府県気象情報、全般台風情報と合わせてご活用ください。 令和4年6月1日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合に、半日程度前から地方予報区単位等で線状降水帯の可能性が呼び掛けられるようになりました。 令和6年5月28日から、線状降水帯による大雨の可能性が高い場合の半日程度前からの呼び掛けについて、府県単位を基本に対象地域を絞り込んで呼び掛けられるようになります。

気象庁データ

線状降水帯の雨域(シェープファイル形式)

線状降水帯の雨域の大まかな位置を楕円で表示するためのデータです。雨雲にレイヤーすることで、どの雨域が顕著な大雨に関する気象情報の発表基準を満たすかを分かりやすく伝えることができます。 過去データは線状降水帯の雨域がある場合のファイルのみ提供します。

  1. お天気データサイエンスHOME
  2. 気象データ一覧
  3. 地方気象情報VPCJ50